雲子春秋

「うんししゅんじゅう」です♡ 三国志とか好きです♡

何進の佞臣

『群書治要』巻四十六 典論
何進滅於呉匡,張璋,袁紹亡於審配,郭圖,劉表昏於蔡瑁,張允。孔子曰:佞人殆,信矣。古事已列於載籍,聊復論此數子,以為後之監誡,作奸讒。
中平之初,大將軍何進,弟車騎苗,并開府,近士呉匡,張璋,各以異端有寵於進,而苗惡其為人,匡璋毁苗而稱進,進聞而嘉之,以為一於己,後靈帝崩,進為宦者韓悝等所害,匡,璋忌苗,遂劫進之衆,殺苗於北闕,而何氏滅矣。昔鄭昭公殺於渠彌,魯隱公死於羽父,苗也。能無及此乎。夫忠臣之事主也。尊其父以重其子,奉其兄以敬其弟。故曰:愛其人者,及其屋鳥,况乎骨肉之間哉。而進獨何嘉焉。

曹丕が著した典論に、佞臣についての記述があり、袁紹における審配、郭図、劉表における蔡瑁、張允とともに何進については呉匡、張璋が佞臣として挙げられている。
呉匡、張璋は何進の部曲将で、何進が殺害された後に、弟の何苗が宦官と内通していたと疑い殺害した。
また、呉匡は蜀の呉班の父である。


典論の中では、呉匡、張璋について次のように書いている。
呉匡、張璋は何進の寵愛を受けていたが、何苗に人となりを悪まれていた。
呉匡、張璋は何苗をそしり何進を褒め称え、何進はそれを良しとしていた。
霊帝崩御し、何進が宦官に殺害されると、呉匡、張璋は何苗を憎み、何進の兵を率いて何苗を殺し、何氏は滅んだのである。
昔鄭の昭公が高渠弥に殺され、魯の隠公が羽父(公子翬)に殺されたのは苗である。ここにおよぶものはない。((うまく訳せない。
そもそも忠臣が主に仕えるは、その父を尊び、その子を重んじ、その兄を奉り、その弟を敬うものである。
ゆえにいわく、その人を愛するとその愛は家の鳥にもおよぶものであり、骨肉の間においては言うに及ばずである。どうして何進は彼らの言をよしとしてしまったのだろうか。


曹丕の時代には今では残っていない同時代の史料やら、伝聞などがいろいろあったのだろう。
審配や郭図、蔡瑁や張允などは現在でも佞臣的なイメージを持たれていることが多いが、当時は呉匡、張璋がその類との印象を持たれていたのである。